トップ

住宅にかける火災保険とは?

住宅購入時に火災保険に入る人がほとんどだと思いますが、火災のみを補償するものから、さまざまなものをセットにしたプランまで様々です。そこでどんな保険に入ればいいのかをご紹介したいと思います。近年発生している大地震の影響で、地震保険をセットにしたプランがあります。火災のみを補償するプランだけでは地震や津波で被害を受けた場合の補償はないので、心配な人は入っておいた方がよいでしょう。また、水害などの被害を補償するプランが組み込まれている場合もあります。水害の被害が起きる可能性が低い高台に建つ住宅には必要ないといえるでしょう。内容をよく見て自分に合ったものを選びましょう。

火災保険は中身を吟味して

住宅を取得したり、リニューアルしたりときは、誰しも万が一に備えて火災保険を掛けます。ところが、予想した保険料よりも高いというようなことがままあります。実は、家に関する火災保険は、ある程度広い範囲をカバーできるようにと様々な付帯条件が付けられているものが多く、人によっては、あるいは家の環境などによっても必要ないことも含まれていることに注意が必要です。たとえば、上の家からの水漏れ被害に対するものなどもありますが、これはマンションやアパートを想定しているもので、戸建て住宅ではほとんど必要ないはずです。こうしたものをよく確認して、本当に必要なものにしていけば、当初見積もりよりもグーンと安くなります。

↑PAGE TOP